今回、脱走防止フェンスを取りつけたのはKさん宅

保護猫を置く部屋の掃出し窓です。


サイズは幅120センチ、高さ220センチ。


反省、私達は今回初めての作業だったんだから

小さな窓から練習すればよかった・・・。


取り付け前の写真!



作業に取り掛かったばかりなのに、早速困っています。



フェンスがついたら、カギ、どうやって開け閉めする?


右側の開きにフェンスをつけるならこんな問題は起こらないのね・・・。


いくら考えても答えが出ないので、

とりあえずフェンスをつけ、鍵の開閉が無理なら

その部分だけフェンスを切ることにして、作業続行。


ディアウォールは、柱の高さから45ミリ短く切ると書いてあるので

その通りの寸法に木を切っています。 

45ミリ切ったらあかんと思う。 たぶん・・・


寸法通りに切れた木にディアウォールをつけ立ててみました。

少し強い力をかけたら柱が動きます。


セットになっているカードを挟んでみましたが、まだ効果が少ない。


ディアウォールを使う場合、説明書より長めに木を切った方がいい。



フェンスはどこまで? 床に擦れていたら掃除が大変よね。留め具はどちら向き?  

色々悩んでいます。


さて、フェンス取り付け!  道具だけはばっちり(笑)。


腕もバッチリ!



あ、フェンスのマス目の上側で止めた方が良かった?

横の木は無しのつもりでしたが、しっかりしません。 当たり前?   つけました。


上に足すフェンスは切らなければいけません。 

体勢悪すぎ? 道具だけはばっちり(笑)。


上のフェンス取り付け中!


今回、三人+カメラマンで作業しましたが、

この大きさだと最低三人いないと無理だったと思います。 あくまでも私達の場合・・・



上側も横に木をつけました。  (先につけておくべき?)


裏からフェンスを止めて  やっとやっと 出来上がり!  


出来上がりのつもりだったんです。


ここで、Kさんのご主人にチェックを入れてもらったところ



ここ、子猫は出ます!」  って。


甘かったです・・・・。


子猫なら楽々出ます。


この3〜4センチのすきまを塞ぐのに3人で悩みまくり。

ここまでの作業と同じぐらいの時間を費やしてしまったかもしれません。



結局は百均のフェンスを使って塞ぎました。 


不細工だけど いいよね!


上部アップ。


出来上がったらホッとして、


出来上がりのちゃんとした写真は撮っていませんでした(笑)。


これで暑くなった時に網戸にしても猫の脱走の心配はありません。

あ、右側のサッシが軽いと猫が右側を開けるかもね。これはKさんに任せましょう。



材料代はざっとですが、

ディアウォール 1000円×2=2000円

木2×4の木が 700円

横に使った木 300円

木を止めるのに使った金具(リジットタイ?)85円×4=340円

フェンス(リサイクルショップで)1000円×2=2000円

ねじ釘、フェンスの留め具、少々。


約6000円ぐらいでしょうか。



以上、猫脱走防止フェンスを女性3人で取り付けた様子でした〜。